RSS

G―7アグリ、ベトナムで菊切花生産

2013年10月6日(日) 18時00分(タイ時間)
【ベトナム】自動車用品店「オートバックス」、食品スーパー「業務スーパー」などを展開するG―7ホールディングスのグループ会社で農産物直売所「めぐみの郷」を運営するG―7アグリジャパン(神戸市)はベトナム中部のダラットで菊花の生産を開始した。

 ベトナムに設立した現地法人を通じ、ダラットに約18ヘクタールの農場を取得し、第1次計画として1ヘクタールを造成。そのうちの1536平方メートルで、9月下旬から栽培を開始した。日本への初出荷は12月中旬の予定。年4回、日本に輸出し、1回の出荷量3万―4万本を目指す。販売価格は1束300―400円の予定。

 「めぐみの郷」では切花の高需要期(お盆、彼岸など)の菊の売り上げが毎年30%増加し、高需要期後半には品薄となっていた。日本国内の菊の生産量は生産者の高齢化と後継者不足によって年々減少していることから、ベトナムでの自社生産を決めた。

 ダラットはベトナムを代表する菊の生産地で、すでに日本の市場に合った高品質な菊が生産されている。農林水産省の統計によると、2012年のベトナムからの菊の輸入数量は約3970万本で、マレーシア、中国に次ぐ3位だった。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】JX日鉱日石トレーディングは27日、マレーシアでカーショップ3店を運営する100%子会社エネオス・カーセンター・マレーシアの株式46%をオートバックスセブンに、3%をマレーシアで清掃...

特集



新着PR情報