RSS

【PR】タイ・バンコク不動産投資セミナー 11月2日に東京で開催

2013年10月8日(火) 13時33分(タイ時間)
GALERIE Rue de 39 イメージパースの画像
GALERIE Rue de 39 イメージパース
GALERIE Rue de 39 イメージパースの画像
GALERIE Rue de 39 イメージパース
RHYTHM Sukhumvit 42 イメージパースの画像
RHYTHM Sukhumvit 42 イメージパース
RHYTHM Sukhumvit 42 イメージパースの画像
RHYTHM Sukhumvit 42 イメージパース
RHYTHM Asoke イメージパースの画像
RHYTHM Asoke イメージパース
RHYTHM Asoke イメージパースの画像
RHYTHM Asoke イメージパース
 物件の見極め方、ローンの組み方、より効果的な賃貸、転売のタイミングといったタイ・バンコクでの不動産投資を総合的に紹介するセミナーが11月2日、東京で開催される。

 タイの不動産仲介会社「センチュリー21 アイジス不動産」と日本最大級の不動産・住宅情報サイト「HOME’S」が共催。タイ大手デベロッパーのAP(タイランド)がバンコク都心部のコンドミニアム(分譲マンション)を紹介する。在タイ日系不動産仲介会社がタイの不動産を本格的に紹介するセミナーは、今回が初となる。また、AP(タイランド)は同セミナーに合わせ、新プロジェクトをタイと日本で同時発表。より魅力的なユニットは発表後1―2日で予約されてしまうのが通常だが、今回は日本のセミナー参加者により有利な条件で物件を紹介しようという試みだ。

セミナー案内ページへ
セミナー申し込みページヘ

キャピタルゲインとインカムゲインを期待できる投資市場

 日本人にとって海外での不動産投資というと、アジアではマレーシアやシンガポールが知られている。HOME’Sも東京や大阪で、マレーシア不動産投資セミナーを定期的に開催、常に満席の参加者を集めている。一方、タイでの不動産投資はまだまだ知られていないが、「日本からタイへの直接的な問い合わせは確実に増えている」(アイジス不動産)という。タイは何より、マレーシアやシンガポールと比較して圧倒的に安価だ。

 一般にはあまり知られていないが、タイの在留日本人の多さも、安定的な物件運用に有利だ。

アジア在留日本人数(万人):
中国 14.0
タイ 5.0
韓国 3.3
シンガポール 2.6
台湾 2.2
フィリピン 1.8
インドネシア 1.2
ベトナム 0.9
マレーシア 0.8
インド 0.42

 「外国人はタイでローンを組めない」といわれるが実際には可能だ。しかし金利が6―8%と、マレーシアの3―4%よりはるかに高いことから、ほとんど現金で購入する投資家が少なくないという。ただ、住居のだぶつきで賃貸が期待できない上に転売規制もあるマレーシアに対し、賃貸収入が見込めてタイミングを見極めた転売も可能なのが、タイの物件。金利が高い分だけバブルが起きにくく、キャピタルゲインとインカムゲインの双方を期待できる国だ。 また、固定資産税や相続税もなく、 一般的なキャピタルゲイン税は非常に低率であり、賃貸収入に対する課税は一般的にはない。

タイ最大の不動産財閥系、国内最大手のデベロッパー

 今回のセミナーでは、AP(タイランド)が日本人のニーズに合わせた4プロジェクトを紹介する。同社は1991年にアジアン・プロパティとして設立、翌年にはタイ証券取引所(SET)に上場している。タイ最大の不動産財閥で知られるアサワポーキン家が出資、同家はタイ住宅最大手「ランド・アンド・ハウス(LH)」や日本人の入居者が圧倒的に多いサービスアパート「センターポイント」を開発・運営する「クオリティハウス(QH)」なども手がけている。AP(タイランド)は 国内の2012年の売り上げはおよそ170億バーツ。(約520億円)

 AP(タイランド)は一般住宅、タウンハウス、コンドミニアムの開発を手がけているが、日本人が投資しやすいのはもちろんコンドミニアムだ。「THE ADDRESS」「RHYTHM」「Life」「aspire」といったブランドを展開、多くが高架鉄道(BTS)もしくは地下鉄(MRT)沿線や駅の間近といったロケーションだ。


GALERIE Rue de 39

 AP(タイランド)が誇る最高級コンドミニアムで、今回紹介される物件の中では最大規模。日本人が多く在住し、日本食レストラン、日本関係の店舗が集中し、ショッピングセンターも目の前というスクムビット通りソイ39に開発される。BTSプロンポン駅から10メートルほど路地に入るだけ。界隈は日本人のみならず欧米人などの各国外国人も多く居住する。ガラスを多用した28階建て、1階当たり4ユニットのみで、すべてプライベートエレベーター付き。世界最先端と評しても大げさではない、タイの建設技術の高さを実感させる物件。2016年末~2017年完成予定。販売価格は28万バーツ/1平方メートル~。


RHYTHM Sukhumvit 36-38

 今回のセミナー開催に合わせ、タイと日本で同時発表されるコンドミニアム。発表直後に予約されてしまうような魅力的なユニットを見つけられるチャンス。日本人在住者が集中するスクムビット通りのソイ36で、BTSトンロー駅の間近。ソイ38に直結する道路も併設されてアクセス至便。通勤などで高速道路を使用する際は、ラマ4世通り方面に出るのが便利。緑を多く取り入れた設計が特徴的。2015年末~2016年完成予定。販売価格は18万バーツ/1平方メートル~。


RHYTHM Sukhumvit 42

 スクムビット通りソイ42、BTSエカマイ駅の目の前。日本食レストランや日本関係の店舗が多く入居するショッピングセンター「Gateway Ekkamai」に並ぶ物件。高速道路はラマ4世通り方面へ。ソイ42は一方通行だが、隣のソイ40を効果的に利用すればスムーズな移動が可能。ガラスを多用した設計で採光が良いのが特徴。2015年末~2016年完成予定。販売価格は16万バーツ/1平方メートル~。


RHYTHM Asoke

 上記3プロジェクトとは趣きの異なる物件。スクムビット通りから多少離れた地下鉄プララーム9駅の目の前(プララーム9=ラマ9世)。セントラルデパートのラマ9世店やショッピングセンターのフォーチューンタウンが並び、この数年、特に人気を集めている地区。高速道路はラマ9世通りから、帰りの降り口は物件の真横とアクセス至便。若い世代への賃貸が期待できる。2015年末~2016年完成予定。販売価格は13万バーツ/1平方メートル~。

 いずれの物件も、購入後に賃貸を予定する場合は、アイジス不動産やAP(タイランド)系列会社のバンコク・シティスマート(Bangkok CitiSmart)が相談に乗る。

セミナー案内ページへ
セミナー申し込みページヘ

アイジス不動産 AIGIS INTERNATIONAL CO., LTD.
HOME’Sタイ現地法人 HOME’S PROPERTY MEDIA (THAILAND) Co., Ltd.
AP(タイランド) AP (THAILAND) Public Company Limited.
《newsclip》