RSS

シンガポールテレコムの交換所で火災、通信大混乱 

2013年10月10日(木) 12時56分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポール通信大手シンガポールテレコムのブキパンジャン交換所で9日午後2時(現地時間)ごろ、ケーブル火災が発生し、固定電話、携帯電話、インターネットのサービスに大規模な障害が発生した。チャンネル・ニュース・アジア(電子版)などが伝えた。

 火災は約20分で鎮火し、けが人はなかったが、交換所内の光ファイバーケーブルが51本焼損し、同国北西部のブキパンジャン、チョアチューカン、ウッドランズなどを中心として広い範囲で通信障害が発生した。影響はモバイルワン、スターハブなど他の通信キャリアの回線、銀行のATMなどにも及んだ。

 シングテルによると、通信障害は固定電話3万回線、インターネット6万回線、携帯電話基地局100カ所に影響が出た。同社は焼損したケーブルのうち30本の復旧を10日朝までに終えたが、全面復旧のめどは立っていない。
《newsclip》


新着PR情報