RSS

タイ国鉄また脱線、今度は南部

2013年10月11日(金) 01時32分(タイ時間)
【タイ】9日午前8時20分ごろ、タイ南部パタルンからスンガイコーロクに向かっていたタイ国鉄の旅客列車(7両編成)が南部ソンクラー県ハジャイ駅近くで脱線した。けが人はなかった。事故区間は約2時間後に復旧した。

 タイ国鉄は運賃を低く抑える政府の方針で赤字が慢性化。資金難で設備の老朽化が進み、毎週のように脱線事故が起きている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】7日午後6時50分ごろ、中部サラブリ県からバンコクに向かっていたタイ国鉄(SRT)の貨物列車(18両編成)がバンコク郊外のパトゥムタニ県で脱線した。死者、けが人はなかった。

【タイ】23日午前8時ごろ、タイ東北部ナコンラチャシマ県で、石油を積んだタイ国鉄の貨物列車が脱線した。死者、けが人はなかった。

【タイ】16日午後1時45分ごろ、タイ国鉄のタイ南部スンガイコロク発バンコク行きの旅客列車がバンコクのフアラムポーン駅から約200メートルの地点で脱線した。けが人はなかった。

【タイ】13日午前11時20分ごろ、マレーシアのバタワース発バンコク行きの国際列車がバンコク都内のバンスー駅近くで脱線した。けが人はなかった。

バンコクで列車脱線、駅の屋根に衝突newsclip

【タイ】7日午前10時半ごろ、バンコク都内のタラートプルー駅で、都内のウォンウィエンヤイ発マハーチャイ(中部サムットサコン県)行きの旅客列車が脱線、車両の一部がプラットフォームの屋根に衝突し、2人...

【タイ】タイ国鉄は北部線(バンコク都―北部チェンマイ市、総延長751キロ)の一部、シラアート駅(北部ウタラディット市)―チェンマイ駅間(総延長263キロ)を9月16日から10月31日まで運休し、線路...