RSS

日本精機、ベトナムにソフト設計開発拠点

2013年10月14日(月) 00時48分(タイ時間)
【ベトナム】日本精機(新潟県長岡市)は9日、ベトナム中部のダナン市にソフトウエア開発を手がける全額出資子会社「ダナンニッポンセイキ」(資本金100万ドル)を設立したと発表した。

 コスト競争力の強化と開発体制の拡充が狙いで、当初は日本の上流設計に基づく下流工程の設計開発を担当する。

 日本精機グループは四輪車用計器の世界シェアを現在の13%から15%に、二輪車用計器の世界シェアを現在の34%から40%に引き上げる計画で、受注活動強化と設計生産体制の拡充を進めている。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】日本精機は15日、ベトナムに二輪車用計器の製造・販売子会社を設立したと発表した。ハノイ市のノイバイ工業団地に工場を設け、08年4月に量産を始める。投資額は940万ドル。生産台数は08年度60万台、0...

特集



新着PR情報