RSS

【PR】タイで和僑世界大会開催 過去最大規模の1000人集結

2013年10月15日(火) 18時38分(タイ時間)
第5回和僑世界大会の記者会見の画像
第5回和僑世界大会の記者会見
 これまで中国、シンガポール、沖縄などで行われてきた和僑世界大会が11月22、23日、バンコク都内インペリアルクイーンズパークホテルで開催される。

 今年は第5回目で、バンコクでは初。アジア各国で起業、地元に根づいて活躍する日本人を中心に、過去最高規模の1000人が集まると期待されている。

 大会は「分科会・講演会」「物産展」「大交流会」に分かれ、講演会のメインは大前研一氏の「今後の活躍が期待される和僑メンバーへの激励とアドバイス(仮称)」。ほか、16人の著名人の講演が予定されている。

 物産展は「日本とタイ、日本とアジアの結びつき」を強めるための場で、和僑大会では初めての試み。出展ブース(テーブル)は100が見込まれる。大会は2日で1万2000バーツの参加費が必要だが、物産展は一般入場無料。

 大交流会では、参加者の出会いの場としてのパーティーが催され、各地域の和僑会や関連団体が紹介される。総合司会はオカリナと三味線のデュオで知られる「平安桜」。

 アジア各地で和僑会活動に携わっている日本人は少なく見積もっても約1000人、タイ王国和僑会の会員は約50人。

 詳細および申し込み:http://www.thaiwakyo.com
《newsclip》


新着PR情報