RSS

ブリヂストン、ベトナムの乗用車用タイヤ新工場で生産能力増強

2013年10月16日(水) 02時59分(タイ時間)
【ベトナム】ブリヂストンは15日、ベトナム北部ハイフォン市ディンブー工業団地で建設を進めている乗用車用ラジアルタイヤ(PSR)工場の生産能力を2017年下期までに日産約2・4万本増強し、日産約4・9万本にすると発表した。

 世界的な需要増加に対応する。投資額は約416億円。

 ハイフォン工場は欧米、日本向けの汎用タイヤを中心としたPSRの輸出基地として建設中で、2014年3月に操業を開始し、2016年上期に日産能力が約2・5万本に達する予定。
《newsclip》

注目ニュース

ブリヂストン、タイのテクニカルセンター稼働newsclip

【タイ】ブリヂストンがバンコクに設立した、アジア大洋州地域でのタイヤ開発、生産技術、品質経営、原材料調達を手がける新会社ブリヂストン・アジアパシフィック・テクニカルセンターが7月末に始動した。総投...

【タイ】ブリヂストンは7日、タイ子会社ブリヂストンNCRがタイ東部ラヨン県の工場でコンベヤベルトを生産すると発表した。総投資額は約30億円。2015年上期の生産開始を見込む。

【タイ】ブリヂストンは29日、タイ東部ラヨン県アマタシティ工業団地で、建設・鉱山車両用ラジアルタイヤ工場の定礎式を行った。新工場は2015年上期に生産を開始し、2019年上期で1日85トンの生産を...

特集



新着PR情報