RSS

バンコクで大雨、ジェーンワタナ通りなどで洪水

2013年10月16日(水) 14時03分(タイ時間)
プルンジット通り(16日)の画像
プルンジット通り(16日)
写真提供、FM.91 Trafficpro
バンコクのラチャダピセーク通り(16日朝)の画像
バンコクのラチャダピセーク通り(16日朝)
写真、ニュースクリップ
バンコクのラチャダピセーク通り(16日朝)の画像
バンコクのラチャダピセーク通り(16日朝)
写真、ニュースクリップ
チャチュンサオ県の洪水被災地を訪れたインラク首相(15日)の画像
チャチュンサオ県の洪水被災地を訪れたインラク首相(15日)
写真提供、タイ政府
チャチュンサオ県の洪水被災地を訪れたインラク首相(15日)の画像
チャチュンサオ県の洪水被災地を訪れたインラク首相(15日)
写真提供、タイ政府
チャチュンサオ県の洪水被災地を訪れたインラク首相(15日)の画像
チャチュンサオ県の洪水被災地を訪れたインラク首相(15日)
写真提供、タイ政府
チャチュンサオ県の洪水被災地を訪れたインラク首相(15日)の画像
チャチュンサオ県の洪水被災地を訪れたインラク首相(15日)
写真提供、タイ政府
【タイ】15日にベトナム中部に上陸して熱帯低気圧に変わった台風25号(ナーリー)の影響で、15日夜から16日にかけ、タイ東北部、東部、バンコクなどで雨が降り続いた。

 バンコクではジェーンワタナ通りなどで洪水が発生したほか、プルンジット通りで木が道路に倒れるなどした。ラチャプラロップ通りでは地下ケーブル工事中にショベルカーが誤って水道管を破損し、路上に大量の水があふれ出る騒ぎになった。

 タイ内務省によると、16日朝の時点で洪水が発生していたのは中部アユタヤ県、東北部コンケン県など22県で、特に東部のチャチュンサオ県とプラジンブリ県では約14万人が被災するなど厳しい状況が続いている。
《newsclip》

特集



新着PR情報