RSS

中国:市販のUVカット衣料、国家基準合格は3%のみ=上海の消費者保護委

2013年10月18日(金) 02時13分(タイ時間)
【中国】市販されている「防紫外線衣料品」をサンプル検査したところ、性能が国家基準を満たす合格品は全体の3.13%に過ぎなかった。検査した32製品のうち、基準をクリアしたものは1製品にとどまっていたという。上海市の消費者権益保護委員会がこのほど報告した。

 高機能を謳ったこれら衣料品は、価格帯が62人民元から483人民元とさまざま。紫外線(UV)に対する耐性を強調し、「日焼け防止効果が強い」「太陽紫外線を遮蔽し、皮膚を完全に守る」などと表記されていた。

 国が定めた「紡織品・防紫外線性能的測定」によると、防紫外線服装品の基準は、抗紫外線の能力は40を上回ること、日光中の紫外線透過率を5%以下と抑えること――。これに対し、サンプル32製品のうち、29製品(90.63%)は抗紫外線能力が15を下回っていた。能力表記していた衣料は18製品あったものの、うち17製品がその能力に達していなかったという。「NIKKO」や「探路者」など、大手ブランドの衣料に関しても、基準が満たされていない実態が判明した。

 このほか、天猫humbgo運動外旗艦店で売られたウィンドブレーカー2製品にも問題があったと指摘。抗紫外線の能力が劣っていたほか、pH実測値が8.8と9.1に達していたと報告した。要求されるpH安全基準は4.0~8.5とされる。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】中国衣料OEM大手の申洲国際集団HD(2313/HK)は28日、ベトナム南部のタイニン省で工場用地(83万8307平米)を賃借する契約を結ぶことで相手方と合意したと発表した。契約期限は2058年。ベトナム当局の承認...

【中国】広東省広州市の海珠区大塘村で13日から14日にかけて、衣料工場の労働者らによる抗議デモが起きた。工場設備の強制撤去に反発したもの。約100人の警察と城管(治安維持隊)が「防火上の理由」を掲げ、事前...

特集



新着PR情報