RSS

中国:南京市長に重大な規律違反、中紀委が取り調べ

2013年10月18日(金) 02時13分(タイ時間)
【中国】南京市長兼市委副書記の李健業氏(56歳)が17日までに中国共産党中央紀律検査委員会(中紀委)に身柄拘束され、取り調べを受けている。中紀委観察部が17日付で公表した。

 重大な規律違反を犯したとされるが、具体的な容疑は明らかにしていない。李氏が最後に公の場で姿を確認されたのは、15日午前に開催された市政府常務会議となっている。

 李氏は1957年1月生まれ。江蘇省張家港の出身。1974年9月に中国共産党に入党した。蘇州大学法学院憲法・行政法学課卒。蘇州日報社副総編、呉県委副書記、昆山市委書記、蘇州市市長などを歴任し、2010年1月21日から現職に就いた。

 新政権は党の腐敗を徹底して取り締まる方針。習近平・総書記は12年11月17日の第18回中共中央政治局の第1回学習会で「腐敗が悪化すれば最終的には党を滅ぼし、国を滅ぼす。警戒しなければならない問題」と表明。汚職などの監督を強化すると強調した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】中国本土で政府官僚による腐敗・汚職問題が深刻化するなか、中国語で「裸の官僚」を意味する“裸官(らかん)”というキーワードが庶民の関心を集めている。

【中国】中国本土で政府高官による腐敗・汚職問題が深刻化するなか、2000年以降に逮捕された省級幹部の半数以上が「違法な不動産取引」に関与していたことが明らかとなった。人民日報系経済誌の中国経済週刊が報...

【中国】中国共産党中央委員会(中共中央)が周永康・前政治局常務委員(兼政法委書記)の汚職調査に乗り出したようだ。油田の開発を巡って、周氏とその息子(周斌)が違法な利益を得ていた――との疑いがもたれて...

【中国】四川省錦江区公安局長(副区長と兼任)の呉涛氏が5月23日までに、中国共産党中央紀律検査委員会(中紀委)に拘束され、取り調べを受けていることが分かった。

特集



新着PR情報