RSS

中国:VWがGM抑えて首位、外資勢の1~9月中国新車販売

2013年10月19日(土) 14時59分(タイ時間)
【中国】中国に進出する外資自動車メーカー各社の今年1~9月販売実績が出揃った。中国販売台数ではフォルクスワーゲン(VW)がゼネラルモーターズ(GM)を抑えて首位。VWは単月ベースでも、8月にGMを追い抜いている。自動車専門ニュースサイトの盖世汽車網が伝えた。

 VWの1~9月中国販売台数(香港・マカオを含む)は前年同期比17.7%増の236万台に拡大。伸び率はこの期の中国新車販売全体の16.4%を上回っている。うち「フォルクスワーゲン」ブランドは18.2%増の179万2900台。「アウディ」ブランドは36万台を売り上げ、中国高級車販売市場の首位を保った。うち「アウディ」ブランドの9月の中国販売は28%の急増。SUV(スポーツ多目的車)販売で7割増を記録したことが貢献した。

 2位はGM。1~9月の販売台数は11.1%増の231万2418台に上った。うち上海通用汽車(上海GM)の販売台数は初めて大台100万台を突破し、14.9%増の111万1129台に達している。3位は現代自動車で、1~9月の販売台数が25%増の116万1276台。以下、日産、フォード、トヨタ、ホンダ、プジョー・シトロエン、BMW、スズキなどと続いた。

 これまで低迷していた日系メーカー各社の自動車販売が足元で急回復している。尖閣諸島を巡る日中関係の悪化に伴い販売が冷え込んだ前年同月の反動もあるものの、新車販売が好調に推移しているという。日産の9月販売は、前年同月比83.4%増の11万7100台に膨らんだ。3カ月連続で前年水準を上回っている。ただ1~9月累計では0.2%増の88万5700台にとどまっている。トヨタの9月販売は前年同月比63.5%増の7万2100台(1~9月累計で0.5%減の63万6700台)に拡大した。

 ホンダの9月販売台数は前年同月比118.1%増の7万3990台(1~9月累計で5.8%増の49万7261台)に達して過去21カ月で最多。販売台数はトヨタを上回った。スズキの9月販売は前年同月比23.6%増の1万9091台(1~9月累計で11.3%減の17万363台)に伸びている。三菱自動車の9月販売は前年同月比158.1%増の6040台(1~9月累計で28.9%増の4万3565台)に拡大した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】トヨタ自動車がまとめたタイの全自動車メーカーのタイ国内新車販売台数は8月が前年同月比22.6%減の10万289台、1―8月が前年同期比8.2%増の93万9342台だった。月間新車販売が前年実績を下回るのは4カ月連...

【タイ】米調査会社JDパワーがタイで新車を購入した際の販売店の対応に関する顧客満足度を分析した「2013年タイ自動車セールス満足度(SSI)調査」で、トヨタが1000点満点中915点で1位になった。

特集



新着PR情報