RSS

中国:北京で模倣品・海賊版の集中取り締まり、111件を摘発

2013年10月19日(土) 14時59分(タイ時間)
【中国】北京市工商局は16日、今年8月下旬から実施している模倣品・海賊版の集中取り締まりで、9月末時点までに商標を侵害している商品や品質に問題がある商品111件を摘発したと発表した。合計116万人民元(約1850万円)の罰金を科したという。

 不合格製品や、健康や生命の安全に危害をもたらす製品であると確定した場合は、違法経営者を北京市の信用情報システムに組み入れ、厳重に処罰する方針だ。

 不合格商品のうち、初回分として70品目を公表。電動自転車、玩具、通信機材などに及んだ。国の品質基準を満たしていない、健康や安全に危害をもたらす可能性がある、国が禁止しているにもかかわらず製造・販売している、第3者の工場名や住所を無断使用している、虚偽の宣伝を行っている――といった問題がみられた。

 典型的な事案として8件を具体的に例示。老舗の商業街、前門大街で「クロコダエル」の模倣品を販売していた業者、中国最大のオンラインショッピングサイト「淘宝網」で「アディダス」の模倣品を販売していた出店業者、中国版ツイッター「博微」を通じて虚偽の宣伝を流していた業者などを紹介した。なかでも最も厳重な処罰を下したのは、北京恒超珠宝公司の前門支店。「クロコダエル」の商標侵害で21万人民元超の罰金を科した。

 北京市工商局の関係者は、公安との連携を一段と強めるとともに、メディアを通じて模倣品・海賊版に絡む大型の犯罪事例を公表していくと説明。情報提供者には報奨金を支払うと強調した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

海賊版ソフトで摘発のタイ国内事業所、1―8月208カ所newsclip

【タイ】タイ警察が今年1―8月に摘発した海賊版ソフトウエアを使用していた事業所は208カ所で、台湾、韓国、日本、シンガポールなどの外資系企業が含まれる。

【タイ】米通商代表部(USTR)が1日に発表した包括通商法スペシャル301条(知的財産権侵害国の特定・制裁)の2013年度年次報告で、タイは7年連続して、知的財産権の保護が不十分な「優先監視国」に...

【タイ】タイ警察は3月29日、バンコク都内の民家を捜索し、「リーバイス」ブランドのジーンズの海賊版約4800点を押収し、タイ人の男5人を逮捕したと発表した。容疑者は犯行を認め、捜索を受けた民家でミ...



新着PR情報