RSS

新日鉄住金と中国鋼鉄のベトナム合弁工場、11月に稼働

2013年10月21日(月) 13時48分(タイ時間)
【ベトナム】新日鉄住金と台湾製鉄大手の中国鋼鉄がベトナムに設立した合弁会社チャイナ・スチール・スミキン・ベトナム(CSVC)の工場が11月に営業運転を開始する。

 工場は南部のバリアブンタウ省ミーサンA2工業区に立地。冷延鋼板、溶融亜鉛めっき鋼板、電磁鋼板などの薄板製品を製造し、年産能力120万トン。投資額11億5000万ドル。

 CSVCは資本金5億7400万ドルで、新日鉄住金が30%、中国鋼鉄が51%、住友商事と日鉄住金物産が各5%出資した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】新日鉄住金は2日、タイ東部ラヨン県ヘマラート・イースタン工業団地に建設した溶融亜鉛めっき鋼板工場が営業運転を開始したと発表した。

特集



新着PR情報