RSS

中国:国内衛星テレビ局に対する規制強化、娯楽番組を制限

2013年10月22日(火) 00時01分(タイ時間)
【中国】中国で国内衛星テレビ局の放送内容に対する規制が強化される。

 広播電影電視総局(放送映画テレビ総局)はこのほど、各衛星テレビ局に対し、2014年の番組編成について、娯楽番組や海外番組の本数を制限し、ニュース、経済、文化、教育など公益性の高い番組の放送時間を拡大するよう求める旨を通達した。

 通達によれば、番組構成を改善し、番組種類を多様化するよう求める。衛星放送の総合チャンネルでニュース、経済、文化教養、科学・教育、生活サービス、アニメ・子ども番組、ドキュメント、農村向け番組の放送時間を拡大。毎週平均30%以上放送しなければならない(毎日7時間半)とした。道徳番組ついては6時~24時の間に放送。6時~翌日1時の間に少なくとも30分のドキュメント、毎日8時~21時30分の間に少なくとも30分の国産アニメか子ども番組を放送するよう求める。

 そのほか海外番組については、各局ともに年間1番組に放映を限定する。またゴールデンタイムに放映する歌唱コンテスト関連番組は一局の放映に制限。放映できる局は四半期ごとに評議会で決定することを決めた。祝日などに娯楽・歌謡番組を放映するテレビ局についても、原則1日3局までに制限する。

 これに対して、テレビ業界からは不安の声があがっているようだ。「ニュースや文化教養番組を毎日7時間半以上放送するのは簡単なことではない」と反発している。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【ミャンマー】TBSテレビは15日、ミャンマーの国営放送局ミャンマー・ラジオ・アンド・テレビジョン(MRTV)と、ニュース報道の友好協力協定を結んだと発表した。



新着PR情報