RSS

タイ洪水 アマタナコン工業団地、17工場が操業再開

2013年10月22日(火) 15時04分(タイ時間)
プラジンブリ市内の洪水(22日)  の画像
プラジンブリ市内の洪水(22日)  
写真提供、Prachin Daily
プラジンブリ市内の洪水(22日)  の画像
プラジンブリ市内の洪水(22日)  
写真提供、Prachin Daily
プラジンブリ市内の洪水(22日)  の画像
プラジンブリ市内の洪水(22日)  
写真提供、Prachin Daily
プラジンブリ市内の洪水(22日)  の画像
プラジンブリ市内の洪水(22日)  
写真提供、Prachin Daily
プラジンブリ市内の洪水(22日)  の画像
プラジンブリ市内の洪水(22日)  
写真提供、Prachin Daily
プラジンブリ市内の洪水(22日)  の画像
プラジンブリ市内の洪水(22日)  
写真提供、Prachin Daily
プラジンブリ市内の洪水(22日)  の画像
プラジンブリ市内の洪水(22日)  
写真提供、Prachin Daily
プラジンブリ市内の洪水(22日)  の画像
プラジンブリ市内の洪水(22日)  
写真提供、Prachin Daily
プラジンブリ市内の洪水(22日)  の画像
プラジンブリ市内の洪水(22日)  
写真提供、Prachin Daily
【タイ】タイ東部チョンブリ県のアマタナコン工業団地は22日、前日に団地内外の洪水で操業を中止した工場17カ所が再開したことを明らかにした。団地内の洪水は徐々に水位が下がっているという。

 アマタナコンは600社以上が操業するタイ最大規模の工業団地で、入居企業の約6割が日系。

 タイ内務省によると、22日朝の時点で洪水が発生していたのはタイの77都県中、東部チャチュンサオ県、プラジンブリ県など21県で、全体的な状況は改善に向かっている。ただ、チャチュンサオ県、東北部ナコンラチャシマ県、ブリラム県では洪水の水位が上昇している。
《newsclip》


新着PR情報