RSS

9月のタイ人訪日56%増、2・9万人

2013年10月24日(木) 14時29分(タイ時間)
【アジア】日本政府観光局(JNTO)によると、9月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同月比31・7%増の86万7100人で、9月として過去最高を記録した。

 7月から短期滞在のビザが免除されたタイは56・1%増の2万9300人、マレーシアは23・9%増の1万1700人だった。

 他の東南アジア諸国はシンガポール1万1600人(前年同月比44・7%増)、インドネシア8700人(同8・8%増)、フィリピン7900人(同17・7%増)、ベトナム7400人(同31・9%増)――。

 国・地域別で最も多かったのは台湾で、前年同月比75・1%増の20万6800人だった。

 韓国は12・9%増の16万4500人で、8月に続き、伸び率が鈍化した。

 中国は堅調な個人旅行に加え、団体旅行にも回復の兆しが見え、28・5%増の15万6300人と、昨年10月以来1年ぶりにプラスに転じた。

 米国は14・2%増の6万1300人、香港は52・4%増の5万5400人、豪州は13・6%増の2万1500人だった。

 1―9月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同期比22・4%増の773万1400人。
《newsclip》


新着PR情報