RSS

クアラルンプールで無差別殺傷、2人死亡、2人負傷

2013年10月24日(木) 18時48分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア・クアラルンプール郊外で24日、無差別殺傷事件があり、2人が死亡、2人が重傷を負った。スター(電子版)などが伝えた。

 最初の現場はライトレール(LRT)ゴンバク駅の売店。同日午前11時20分(現地時間)ごろ、貨物配達員の男(26)が突然錯乱状態となり、華人の女性店主(60)とインドネシア人の女性従業員(40代)が突然切りつけられ、重傷を負った。男は現場からトラックで逃走した。

 その後、最初の現場から2キロメートル離れたLRTタマンムラティ駅前の交差点で、男の運転するトラックは前方の別のトラックに追突。追突されたトラックを運転していた華人男性(40代)は様子を見るために降りたところ、男に切りつけられ、その場で死亡した。

 さらに現場から逃走した男は、200メートル先で、華人学生が運転する乗用車に追突。車から降りた華人学生も男に切りつけられ死亡した。男は新興宗教の信者だったという。
《newsclip》

特集



新着PR情報