RSS

タイの大僧正、100歳で死去

2013年10月25日(金) 01時42分(タイ時間)
大僧正の100歳の誕生日を記念して発行された切手セットの画像
大僧正の100歳の誕生日を記念して発行された切手セット
大僧正の100歳の誕生日を記念して発行された切手セットの画像
大僧正の100歳の誕生日を記念して発行された切手セット
【タイ】タイ仏教僧団(サンガ)の指導者である大僧正が24日夜、感染症のため、入院先のバンコク都内のタイ国立チュラロンコン病院で死去した。今月3日に100歳になったばかりだった。タイの公務員は15日間、喪に服す。

 大僧正はタイ西部カンジャナブリ県出身。1956年にプミポン国王が出家した際に、国王に仏教の教えを説いた。1989年に大僧正に任じられた。2004年からチュラロンコン病院に入院していた。
《newsclip》

注目ニュース

女性実業家のポンティップさん死去 KPNグループnewsclip

【タイ】タイの財閥KPNグループを率いる女性実業家、ポンティップ・ナロンデートさんが16日、バンコク都内の自宅で心不全のため死亡した。67歳。

タイ演歌の人気男性歌手、60歳で死去 肝臓がんnewsclip

【タイ】タイ演歌(ルークトゥン)の人気男性歌手、サーヤン・サンヤーさんが11日、肝臓がんのため、バンコク都内の病院で死去した。60歳。

タイ仏教僧団の長老死去newsclip

【タイ】バンコクのサケート寺の住職、プタージャーン僧(ソムデート・プラ・プタジャーン)が10日、バンコク都内のサミティヴェート病院スクムビットで死去した。85歳。タイ仏教僧団(サンガ)の長老で、高...

タイ王族の女性画家、フランスで死去newsclip

【タイ】9日、タイ王族のモムジャオイン・マラシー・スクムパン・ボリパット妃が滞在先のフランスで死去した。82歳。



新着PR情報