RSS

タイ南部の天然ゴム農家がまた道路封鎖

2013年10月29日(火) 03時57分(タイ時間)
【タイ】タイ南部プラジュアブキリカン県の天然ゴム農家約500人が天然ゴムを市価より高く買い取るよう政府に要求し、26日から県内の国道4号線を道路封鎖した。

 タイ南部では8、9月に、価格低下を不満とする天然ゴム農家が道路、線路を封鎖。強制排除を図った警官隊と農家が数度に渡り衝突し、双方の数十人が負傷、車が放火されるなどの被害が出た。農地の広さに応じて補助金を支払う支援策を政府が打ち出したことから、抗議行動は一旦沈静化したが、プラジュアブキリカンの農家は「支援が不十分」だとして、政府による買い取りを再度要求している。
《newsclip》

注目ニュース

天然ゴムに続きトウモロコシ タイの農家、政府に買い取り要求newsclip

【タイ】タイ政府はトウモロコシ価格を上昇させるため、一定価格での買い取りに踏み切る。1日の閣議で決めた。予算は約43億バーツ。

天然ゴム農家と警官隊が3度衝突、車両11台炎上 タイ南部newsclip

【タイ】16日午後、タイ南部ナコンシータマラート県で、政府支援を求め道路を封鎖しようとした農家約1000人と警官隊が衝突し、双方に負傷者が出たほか、警察車両11台が放火され炎上した。



新着PR情報