RSS

タクシン元首相、タイ中相互ビザ免除明言

2013年10月31日(木) 03時33分(タイ時間)
【タイ】タイのタクシン元首相は28日、インターネットの交流サイト、フェイスブックの自らのページに、2014年からタイと中国が相互にビザを免除すると書き込んだ。

 タイと中国の相互ビザ免除は中国の李克強首相が10月中旬にタイを訪れた際に提案した。

 タイは中国人の旅行先として人気が急上昇中で、今年1―8月にタイを訪れた中国人は前年同期比88・4%増の322・1万人に上る。タイでは観光収入の増加を歓迎する一方、中国人旅行者のマナーの悪さを厭(いと)う向きもある。

 中国人に対するビザ免除については、タイ国内で、「中国人の急増で欧米などからの旅行者が減る」、「中国人の不法滞在が増える」といった懸念も出ている。ただ、タイ政権の最高実力者であるタクシン氏が明言した以上、実現する可能性が強まりそうだ。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】在タイ日本大使館は22日、タイ人に対する査証(ビザ)免除措置が2014年1月1日から取り止めになるというインターネット上のうわさを否定した。日本の入国審査が厳しくなるとの報道についても、入...

中タイ関係は親戚付き合い 李克強首相がタイ訪問newsclip

【タイ】中国の李克強首相が11―13日、タイを訪問し、インラク首相らと会談したほか、タイ国会で演説した。インラク首相は李首相の行程の多くに同行し、両国の緊密な関係を印象づけた。

【東南アジア】日本の外務省は25日、東南アジア各国に対する査証(ビザ)の免除・緩和措置を7月1日から開始すると発表した。

特集



新着PR情報