RSS

ティラワ経済特別区 三菱商事、ミャンマー政府などが共同事業体設立

2013年10月31日(木) 03時33分(タイ時間)
【ミャンマー】三菱商事、丸紅、住友商事の3社は29日、ミャンマーのティラワ経済特別区の工業団地先行開発エリアを日本とミャンマーの官民連携プロジェクトとして推進すると発表した。

 3社の均等出資でミャンマーに設立したエム・エム・エス・ティラワ社(MMST)が49%、ミャンマーの政府、民間企業などが51%出資し、開発の事業主体となる合弁会社「MJティラワ・デベロップメント(仮称)」を設立。同社は400ヘクタールの土地使用権をミャンマー政府から取得して工業団地を開発、2015年開業を目指す。造成工事は五洋建設とミャンマーの建設会社のコンソーシアムに発注する予定。

 ティラワ経済特区はミャンマー最大の都市ヤンゴンの南東約20キロに位置し、総面積は2400ヘクタール(東京ドーム500個相当)。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】三菱商事、丸紅、住友商事の3社は1日、ミャンマーのティラワ経済特別区の工業団地先行開発エリアの事業化調査、環境影響調査などを行うため、共同出資でエム・エム・エス・ティー有限責任事業組...

【ミャンマー】日本政府とミャンマー政府はミャンマー最大の都市ヤンゴンの南東の経済特別区「ティラワ経済特区」(面積2400ヘクタール)を協力して開発することで合意し、ヤンゴンで21日、協力覚書に調印...



新着PR情報