RSS

9月のタイ工業生産指数2・9%低下 食品・飲料、自動車が不調

2013年11月4日(月) 00時28分(タイ時間)
【タイ】タイ中央銀行の月例経済報告によると、9月の工業生産指数(MPI)は前年同月比2・9%低下した。

 半導体が4・2%低下したほか、エビの伝染病と税制変更によるビールの生産抑制などで食品・飲料が13・6%、国内販売の減少で自動車が15・3%低下。ハード・ディスク・ドライブ(HDD)は2・3%、家電は0・5%上昇した。

 9月の民間消費指数(PCI)は自動車販売の減少などで前年同月比6・1%低下、民間投資指数(PII)は3・3%低下した。農業収入は2・6%減少した。

 7―9月の輸出は前年同期比1・8%減の579・6億ドル、輸入は2・9%減の529・3億ドル。経常収支は8・9億ドルの赤字だった。

 9月の外国人旅行者数は前年同月比27・6%増、205・6万人。ホテルの客室稼働率は平均60・5%だった。中国、ロシアなどからの観光客が増えた。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ中央銀行は25日、タイの国内総生産(GDP)見通しを、2013年3・7%増、2014年4・8%増に、それぞれ下方修正した。

【タイ】アジア開発銀行(ADB)は2013年のタイの国内総生産(GDP)見通しをこれまでの4・9%増から3・8%増に引き下げた。輸出が伸び悩み、総合治水事業など大規模な公共投資が遅れているため。2...

【タイ】バンコク日本人商工会議所が2013年5、6月に会員企業1453社を対象に行った「2013年上期タイ国日系企業景気動向調査」(回答企業384社)の結果が発表された。



新着PR情報