RSS

タクシン元首相らへの恩赦法案 上院が否決か

2013年11月6日(水) 16時43分(タイ時間)
【タイ】タクシン元首相派と反タクシン派の政治抗争で投獄、訴追された人に包括的な恩赦を与える恩赦法案がタイの議会上院で否決される可能性が高まってきた。

 タクシン元首相は2008年に汚職で禁錮2年の実刑判決を受け、以来、投獄を避けるため、タイに帰国していない。恩赦法案はタクシン派の政府・与党が元首相の帰国、復権を狙ったものとみられ、今月1日、議会下院を通過し、上院に送られた。上院は同法案を11日に審議する予定だ。

 反タクシン派の野党民主党はこの法案に反発し、バンコク都内で座り込みの抗議集会を開始。4日と6日にはバンコク都心のビジネス街シーロム通りでも抗議集会が行われ、周辺の会社員など数千人が参加した。タクシン政権(2001―2006年)の元閣僚、大学学長、裁判官らからも相次いで反対の声が上がっている。

 こうした状況を受け、タクシン元首相の妹のインラク首相は5日、法案の可否は上院次第と発言。ニコム上院議長は同日、恩赦法案を否決する考えを表明した。

 ただ、法案は上院が否決した場合、下院に送り返され、180日後以降に下院で再可決された場合、国王の承認を経て、法律となる。反タクシン派の野党民主党のアピシット党首(前首相)はこの点を指摘し、政府・与党の動きを「時間稼ぎ」と批判した。
《newsclip》

注目ニュース

タクシン元首相への恩赦反対、タイ野党集会に数千人newsclip

【タイ】反タクシン元首相派の野党民主党はタクシン元派と反タクシン派の政治抗争で投獄、訴追された人に包括的な恩赦を与える恩赦法案に反対し、4日から、バンコク都内ラチャダムヌンクラーン通りの民主記念塔...

タクシン元首相への恩赦反対、バンコク都心で数千人行進newsclip

【タイ】4日午前12時半ごろ、タクシン元首相らへの恩赦に反対する市民数千人がバンコクのビジネス街シーロム通りをデモ行進し、笛を吹き鳴らして抗議した。



新着PR情報