RSS

中国:広東省湛江で村民千人デモ、海岸開発計画に反発

2013年11月8日(金) 19時57分(タイ時間)
【中国】地方政府と不動産会社が結託して海辺を占拠している――と主張し、村民1000人あまりが抗議デモを展開する事態が広東省湛江市の臨東村で発生している。

 複数の本土メディアが8日付で伝えた。村民は森林破壊が生態系バランスを脅かすと懸念。5日午前に湛江市の政府庁舎前に集結した。

 一方、混乱の発生を警戒する地方政府側は、公安当局に通報。動員された警察数千人が村民と対峙した。一部は衝突する事態に発展し、多数の負傷者が出ている。うち3人は重体。村民20人あまりが逮捕された。逮捕された村民は7日時点でまだ釈放されていない。

 村民によると、不動産開発業者は地方政府と共謀し、紅樹が生えている国家級自然保護区の破壊を企てた。海辺を含んだ総面積は約1万ムー(1ムーは6.67アール)に上る。紅樹林が消失すると、海辺で営んでいる養殖業に打撃が及ぶ可能性が高い。10月23日にも抗議活動を展開し、棺を担いで地方政府庁舎前まで行進した。その際も警察の鎮圧に遭って、多数の逮捕者が出ている。村幹部が数百万人民元を収賄したと疑っているという。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】江蘇省の呉江市横扇鎮で、倒産した工場の労働者による賃金支払い要求デモが起きている。24日には工場から出発し、呉江市政府庁舎前まで約1000人が行進した。給与の支払いは、すでに3カ月滞っていたという...

【中国】雲南省の晋寧県(昆明市)で22日、住民と警察の衝突が起きた。

【中国】土地収用に絡んだ不正疑惑をめぐって、広東省汕頭市(スワトー市)の金平区で21日、蓮塘村の住民1万人あまりが金平区政府庁舎を取り囲んで抗議活動を展開した。



新着PR情報