RSS

カンボジアとの国境紛争、タイ世論は国際司法裁判決容認か

2013年11月13日(水) 20時12分(タイ時間)
握手するカンボジアとタイの司令官(12日)の画像
握手するカンボジアとタイの司令官(12日)
写真提供、www.suranareecommand.net
プレアビヒア近くでのカンボジアとタイの現場司令官の会合(12日)の画像
プレアビヒア近くでのカンボジアとタイの現場司令官の会合(12日)
写真提供、www.suranareecommand.net
プレアビヒア近くでのカンボジアとタイの現場司令官の会合(12日)の画像
プレアビヒア近くでのカンボジアとタイの現場司令官の会合(12日)
写真提供、www.suranareecommand.net
プレアビヒア近くでのカンボジアとタイの現場司令官の会合(12日)の画像
プレアビヒア近くでのカンボジアとタイの現場司令官の会合(12日)
写真提供、www.suranareecommand.net
プレアビヒア近くでのカンボジアとタイの現場司令官の会合(12日)の画像
プレアビヒア近くでのカンボジアとタイの現場司令官の会合(12日)
写真提供、www.suranareecommand.net
プレアビヒア近くでのカンボジアとタイの現場司令官の会合(12日)の画像
プレアビヒア近くでのカンボジアとタイの現場司令官の会合(12日)
写真提供、www.suranareecommand.net
プレアビヒア近くでのカンボジアとタイの現場司令官の会合(12日)の画像
プレアビヒア近くでのカンボジアとタイの現場司令官の会合(12日)
写真提供、www.suranareecommand.net
ウィーラチャイ大使とインラク首相(13日)の画像
ウィーラチャイ大使とインラク首相(13日)
写真提供、タイ政府(http://www.thaigov.go.th)
ウィーラチャイ大使とインラク首相(13日)の画像
ウィーラチャイ大使とインラク首相(13日)
写真提供、タイ政府(http://www.thaigov.go.th)
【タイ、カンボジア】12日、カンボジアの世界遺産プレアビヒア寺院遺跡近くのタイ・カンボジア国境地域で、両国軍の現場レベルの指揮官が顔を合わせ、軍事衝突が起きないよう意思疎通を図った。国境周辺は12、13日と平穏で、混乱は起きていない。

 タイとカンボジアはプレアビヒア周辺地域の領有権を争ってきたが、国際司法裁判所(オランダ・ハーグ)は11日、プレアビヒアがある高台一帯をカンボジア領とする判決を下し、タイに対し、高台一帯から兵員、警官を撤退させるよう通告した。紛争地域のそれ以外の部分については判断を示さず、両国は国際社会と協力して世界遺産を保護する義務があると指摘した。

 タイのスラポン副首相兼外相は判決について、カンボジア領とされたのは紛争地域のごく一部だとした上で、タイ、カンボジアの双方が判決に満足していると述べた。カンボジアのハオ・ナムホン副首相兼外相も満足感を示し、具体的な国境の画定に向け、2国間協議を進める考えを明らかにした。

 裁判を担当したタイのウィーラチャイ駐オランダ大使は帰国し、13日、バンコクのタイ首相府でインラク首相に報告した。首相は「判決に満足している」と述べ、カンボジア政府と詳細を協議する考えを示した。

 両国政府の関係は現在良好で、判決を柔軟に受け止め、外交問題化を避ける姿勢が目立つ。ただ、タイ国内には今回の判決を敗訴と受け止める向きもあり、タイ政府は状況を注視している。

 タイ国立ラーチャパット大学スワンドゥシット校が11―13日に実施した世論調査では、「プレアビヒア問題の街頭デモを中止すべき」との回答が全体の86%に上った。「国際司法裁の判決を受け入れるべき」という意見が多い。回答者は1284人。

 プレアビヒアはクメール王国が9―11世紀に建立したとされる山上遺跡。寺院本体については1962年に国際司法裁がカンボジア領とする判決を下したが、周辺地域の領有権については判断を示さず、紛争の火種が残った。

 プレアビヒアは2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録された。これを機に、プレアビヒアの世界遺産共同登録・管理を主張していたタイが周辺地域で頻繁にカンボジアと武力衝突を起こすようになった。2011年には両国軍がプレアビヒア周辺で砲撃、銃撃を交わし、双方の兵士、住民ら30人近くが死亡、100人以上が負傷し、周辺地域の住民10万人以上が一時避難した。

 紛争激化を受け、カンボジアは同年4月、国際司法裁にプレアビヒア周辺の国境未画定地域の領有権に関する判断を求めた。

 タイでは同年7月に行われた総選挙で、カンボジアのフン・セン首相と個人的に親しいタクシン元タイ首相の政党が政権に復帰。タクシン氏の妹のインラク氏が首相に就任し、両国関係は急速に雪解けに向かった。
《newsclip》

注目ニュース

タイ野党 ゼネスト呼びかけ不発、反政府集会は続行newsclip

【タイ】反タクシン元首相派の野党民主党が呼びかけた13―15日のゼネストは、民主党の地盤である南部のサトゥン県、ナコンシータマラート県などで一部の学校、役場が一時閉鎖に応じただけで、おおむね不発に終...



新着PR情報