RSS

中国:広東省の飲食サービス業、人材確保難が深刻化

2013年11月14日(木) 03時12分(タイ時間)
【中国】広東省の飲食サービス業者の間で人材確保難が深刻化している。飲食サービス業の求人数は今年3四半期の時点で約6万4000人に膨らんだ。

 一方、求職者の数はわずか8000人にとどまるなど、5万5000人の不足が生じているという。工人日報が12日、広東省人力資源・社会保障庁からの情報として伝えた。

 第3四半期の人材募集数は合計285万2000人。求職者数は273万2000人となっているため、求人倍率は前四半期比で0.01ポイント低い1.04倍で推移した。一般職とエンジニアの平均月額賃金は、それぞれ前年同期比で8.3%高い2193人民元(約3万5600円)と6.3%高い2744人民元(約4万4500円)に上昇している。

 交通・運輸、倉庫・郵便・電信、情報、計算機サービス、ソフトウエアなどの各業種では、人材の需給が安定。パソコン入力、半面、運転、事務、清掃の各業種では、雇用が飽和状態にある。なかでもパソコン入力に関しては、求人数が8000人を下回るのに対して、求職数が1万3000人に上るなど人材過多の傾向が目立つ。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報