RSS

タイの7―9月成長率、前年同期比2・7%増

2013年11月18日(月) 15時38分(タイ時間)
【タイ】タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)がまとめた7―9月期のタイの国内総生産(GDP)は前年同期比2・7%増で、1―3月の5・4%増、4―6月の2・9%増から減速した。前期比では1・3%増(1―3月1・6%減、4―6月横ばい)だった。

 NESDBは今回の数値を受け、通年のGDP見通しを3・8―4・3%増から3%増に下方修正した。2014年については輸出7%増、GDP4―5%増と予想した。

 7―9月の輸出は世界経済の不振などで前年同期比1・8%減少した。輸出先別では日本向け10・1%減、中国向け0・3%減、東南アジア諸国連合(ASEAN)向け10・8%増、欧州連合15カ国向け3・3%増、米国向け0・7%増。

 外国人入国者数は26・1%増、670万人と好調で、観光関連の外貨収入は32・7%増の3209億バーツに上った。

 7―9月の民間投資は前年同期比3・3%減、公共投資は16・2%減。民間消費は1・2%減だった。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ中央銀行は25日、タイの国内総生産(GDP)見通しを、2013年3・7%増、2014年4・8%増に、それぞれ下方修正した。

【タイ】アジア開発銀行(ADB)は2013年のタイの国内総生産(GDP)見通しをこれまでの4・9%増から3・8%増に引き下げた。輸出が伸び悩み、総合治水事業など大規模な公共投資が遅れているため。2...

今年のタイGDP見通し3・7%増 カシコン銀行が下方修正newsclip

【タイ】タイの大手商業銀行、カシコン銀行は16日、2013年のタイの国内総生産(GDP)見通しをこれまでの4%増から3・7%増に引き下げた。2014年は4・5%増と予想している。

特集



新着PR情報