RSS

中国:富豪の王福生・被告、第1審で懲役7年に

2013年11月19日(火) 18時12分(タイ時間)
【中国】米経済誌フォーブスの中国富豪ランキングにかつて顏を出していた王福生・被告に対し、北京市第二中級民法院(地裁)はこのほど、懲役7年の実刑判決を言い渡した。

 会社の金9300万人民元あまりを横領したうえで、1億7000万人民元あまりを脱税したとされる。脱税罪で罰金1億5000万人民元の支払いも命じた。

 現在61歳の被告は、黒竜江省ハルビン市の出身。1984年に瀋陽建筑大学の工民建施工管理科を卒業した。国営の中国建筑一局集団公司を退職した後、内装会社、建設会社を経営し、1993年設立した北京富華建設発展公司を通じて不動産開発に進出した。

 社業を急ピッチに拡大させるなか、2007年9月26日に脱税容疑で逮捕された。検察側は、脱税、贈賄などの容疑で起訴。その裁判は2010年10月に開廷した。

 一方、被告側は一貫して無罪を主張。その後、高齢、高血圧症、心臓病など身体虚弱を理由に保釈を申請した。これによって審理が滞った経緯がある。控訴するかどうかは、いまのところ分かっていない。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報