RSS

カラオケ店ホステスなど被害 睡眠薬強盗容疑でタイ人男逮捕

2013年11月19日(火) 23時50分(タイ時間)
逮捕された容疑者の画像
逮捕された容疑者
写真提供、バンコク首都警察
逮捕された容疑者の画像
逮捕された容疑者
写真提供、バンコク首都警察
逮捕された容疑者の画像
逮捕された容疑者
写真提供、バンコク首都警察
【タイ】タイ警察は18日、睡眠薬強盗、窃盗などの容疑でタイ人男(40)をバンコク都内スクムビット・ソイ48通りのアパートで逮捕したと発表した。

 調べによると、男は2012年1月3日未明、別の男と一緒にバンコク北郊のホテルに忍び込み、約15万バーツを奪った。同日中に逮捕されたが、保釈中に逃走。今年9月26日、知り合いのカラオケ店のホステス2人を夜遊びに誘い出し、バンコク東郊のホテル客室で2人に睡眠薬を飲ませて眠らせ、現金、携帯電話などを奪った。また、10月20日、バンコク東部のホテルに知り合いのマッサージ師を呼び出し、睡眠薬を飲ませて金品を奪った。

 男は犯行を認め、バンコク都内タニヤ通りのバーで働く男から睡眠薬を買ったと供述した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】8月にバンコクで発生した日本人男性(29)が被害者となった睡眠薬強盗事件で、タイ警察は18日、容疑者のタイ人女(50)とその息子(27)をカンボジア国境のタイ東部サケーオ県アランヤプラテー...

【タイ】バンコク都内ラマ6世通りの国立ラマディボディ病院は11日、院内で患者2人が鎮静剤を飲まされて意識を失い、所持品を奪われたことを明らかにし、職員や国内の他の病院に注意を呼びかけた。

【タイ】18日朝、バンコク郊外で日本人男性(29)が意識のない状態で倒れているのがみつかった事件で、タイ警察は睡眠薬強盗と断定し、捜査を開始した。

特集



新着PR情報