RSS

インフラ整備資金2兆バーツの借り入れ法案、タイ国会が可決

2013年11月21日(木) 01時32分(タイ時間)
【タイ】運輸交通インフラ整備のための資金2兆バーツの調達法案が20日未明、タイの議会上院(定数150)で、賛成63、反対13で可決された。

 法案はプミポン国王の承認を得て施行されるが、野党民主党は借り入れが違憲だとして憲法裁判所に提訴する方針で、現政権などタクシン元首相派に不利な判決を下し続けている憲法裁がどういった判断を下すかが注目される。

 2兆バーツはタイの国家予算に匹敵する額で、融資や国債により国内外で調達し、返済は50年にわたる見通し。タイ政府は調達した資金を投じ、線路の複線化、ミャンマーなど近隣国との交通網整備、バンコクと地方を結ぶ高速鉄道の建設、港湾整備などを進める計画だ。大規模な公共投資で2020年まで国内総生産(GDP)を年1%押し上げ、50万人の雇用を生み出すとしている。
《newsclip》


新着PR情報