RSS

中国:河口水質調査、河川50本が最も汚染された「劣5類」に

2013年11月26日(火) 12時39分(タイ時間)
【中国】国家海洋局はこのほど、今年上半期に実施した河口水質調査で、河川50本の水質が最も汚染された「劣5類」(潅漑用にも工業用にも不可)に属していたことが判明したと発表した。化学的酸素要求量(COD)、リン、窒素酸化物などの含有量が基準を超えている。

 国内河川71本の河口付近に加え、海に排出される汚水口427カ所の水質状況を調査。その結果、銭塘江、大遼河、深センなどの河川50本の河口が「劣5類」に属した。このほか河川6本が「5類」(潅漑用、景観用)と判定されたという。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報