RSS

タイの反政府デモ、収拾のシナリオは?

2013年11月28日(木) 06時51分(タイ時間)
財務省を占拠した反政府デモ隊(27日)の画像
財務省を占拠した反政府デモ隊(27日)
写真提供、Sirisak Love King
財務省を占拠した反政府デモ隊(27日)の画像
財務省を占拠した反政府デモ隊(27日)
写真提供、Sirisak Love King
【タイ】反タクシン元首相・反政府派のデモ隊は27日、バンコク首都圏の複数の省庁にデモ行進し、業務を妨害し、行く先々で渋滞を引き起こした。

 デモを行ったのはジェーンワタナ通りの政府総合庁舎、法務省特捜局、工業省、エネルギー省、保健省、文化省、労働省、商務省、運輸省など。行進後、デモ参加者の多くは民主記念塔周辺と25日に占拠した財務省に引き上げたが、一部は政府総合庁舎に残った。午後6時時点で、デモ参加者の数は民主記念塔で約1万人、財務省で約3000人。

 反政府デモは野党民主党の地盤である南部を中心に地方にも広がっている。27日に反政府デモが行われたのはトラン、ソンクラー、サトゥン、クラビ、ナコンシータマラート、ヤラー、ラノン、パタルン、スラタニ、プーケット、パンガーの南部各県と中部チャイナート県など。

 28日には国営企業の職員らもデモに加わるとみられる。

 デモが収束する道筋は今のところ見えていない。

 インラク首相はデモ隊を指揮するステープ元副首相(元民主党幹事長)に対話を呼びかけているが、ステープ元副首相はインラク首相の兄であるタクシン元首相の影響力根絶を掲げ、応じる様子をみせていない。

 ステープ元副首相には騒乱罪などで逮捕状が出ているため、デモが終われば逮捕される可能性がある。また、政府と安易な妥協を図れば政治生命が絶たれるため、元副首相としては、行き先がわからなくても、行けるところまで行くしかないというのが実情とみられる。

 その行き先だが、ステープ元副首相は反政府デモで政府機能を麻ひさせた後、様々な職種の代表からなる国民議会を発足させる構想を語っている。インラク首相を下院解散に追い込んでも、総選挙でまたタクシン派が勝利する可能性が高いため、こうした構想を打ち出したとみられるが、憲法を停止し、現在の民主主義国家のシステムを壊す必要があり、軍の協力を得ない限り、実現の可能性は低い。

 軍は2006年の軍事クーデターでタクシン政権を追放するなど、反タクシン派の最大の武器だった。しかし、過去1、2年でタクシン元首相との関係修復が進んだとみられ、今回のデモでは軍幹部が政府をけん制する発言はなく、少なくとも中立を保っているようだ。

 民主党はこれまで、反・親タクシン派の抗争で、国会と政府内に役割を限定してきた。今回初めて、本格的な街頭デモに乗り出したが、幹部のステープ元副首相が非民主的な構想を打ち出したり、違法な省庁占拠に突っ走るなど、暴走気味の展開。アピシット党首(前首相)らとステープ元副首相の意思疎通がどこまでとれているかも不透明で、事態を収拾するシナリオがあるのか疑問視される。

 インラク首相は辞任も解散総選挙も否定している。ただ、デモが拡大して政府機能が麻ひし、解散総選挙に追い込まれる可能性はある。その場合、勝って政権を維持したとしても、反政府デモが再発し、問題解決につながらない恐れがある。

 過去3回の下院総選挙の得票数をみると、タクシン政権の全盛期だった2005年2月はタクシン派政党1899万票、民主党721万票だった。軍事政権が民政移管のため実施した2007年12月の選挙はタクシン派1234万票、民主党1215万票と最も接戦になった。タクシン派デモ隊によるバンコク都心部の長期占拠、治安部隊による強制鎮圧という大事件の1年後に行われた2011年7月の総選挙はタクシン派1575万票、民主党1144万票と、差がまた開いた。
《newsclip》

注目ニュース

反タクシン派が財務省・外務省占拠 タイ政府、バンコク全域に治安法発令newsclip

【タイ】25日、反タクシン元首相派のデモ隊数千人がバンコク都内の財務省、予算庁、外務省、広報局を占拠した。デモを率いる野党民主党のステープ元副首相は財務省で座り込みのデモを続けると宣言しており、タ...

上院公選制に違憲判決は不当 タイ与党、憲法裁非難newsclip

【タイ】上院の全議席を公選制に変更する憲法改正案にタイ憲法裁判所が違憲判決を下したことに対し、改憲案を作成したタクシン元首相派与党プアタイは21日、憲法裁が権力を乱用したとして非難する声明を出した。

改憲案に違憲判決 タイ与党、憲法裁と対決姿勢newsclip

【タイ】タイ憲法裁判所は20日、上院の全議席を公選制とする憲法改正案を違憲とする判断を下した。改憲案を国会に提出、可決したタクシン元首相派の政権与党プアタイなど6党の解党は命じなかった。

タイ上院がタクシン元首相らへの恩赦否決 野党はゼネスト、納税拒否呼びかけnewsclip

【タイ】タイの議会上院(定数150)は11日、タクシン元首相派と反タクシン派の政治抗争で投獄、訴追された人に包括的な恩赦を与える恩赦法案の第1読会を開き、反対141、賛成0で否決した。

特集



新着PR情報