RSS

中国:公用車改革の方向性明示、一般公用車を廃止へ

2013年12月1日(日) 23時24分(タイ時間)
【中国】中国は公用車の配車制度を厳格化する。国務院などがこのほど公布した「党・政府機関の節約励行、浪費反対条例」の中で、「一般公用車」の廃止を明示した。

 省部級幹部(各省・直轄市・自治区の党委員会常務委員・中央各部の副部長以上の高官)に割り当てる専用車のみを残す内容となる。

 一般公務出張の際は、タクシーやレンタカー会社など「社会の提供業者」を公務員が自主的に選択するよう規定。公務交通手当を適度に支給するとしている。

 中国の公用車改革の方向性が明確に示された格好だ。中国の公用車保有台数は、少なくとも200万台を超える。その大部分は一般公用車。一般公用車を廃止すれば、多くの党・政府組織は公用車を1台も持つことが許されなくなる。国策として進めている「財政資金の大幅な節約」につながることは想像に難くない。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】公用車調達市場から外資合弁ブランドが実質的に締め出される可能性が出てきた。

【中国】中国外交部の王毅・部長が17日から、公用車として一汽轎車(000800/SZ)製造の国産車「紅旗H7」を使用し始めた。

【タイ】タイ法務省特捜局(DSI)は30日、2005年に麻薬容疑者宅で押収し、その後、東北部ウドンタニ県警が公用車として使用していた乗用車の中から現金約1000万バーツ(約2800万円)が見つかっ...



新着PR情報