RSS

ヴィッセル神戸の和田副社長、タイ・プレミアリーグのチョンブリFC監督に

2013年12月1日(日) 23時26分(タイ時間)
【タイ】サッカーJリーグ1部(J1)に来季から復帰するヴィッセル神戸の運営会社クリムゾンフットボールクラブは29日、和田昌裕取締役副社長(48)が提携先のタイプレミアリーグのクラブ、チョンブリFCの監督に就任すると発表した。

 11月末で取締役副社長を辞任し、12月2日、タイでチョンブリFCのトレーニングに合流する予定。

 和田氏はガンバ大阪、ヴィッセル神戸などで選手としてプレーした後、2009年、2010―2012年にヴィッセル神戸の監督を務めた。2013年1月から現職。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】3日午前6時ごろ、バンコク郊外ノンタブリ県で、ジョギングをしていたサッカー審判員のタイ人男性(40)が男に拳銃で足を5発撃たれ重傷を負った。

【タイ】4日午前5時45分ごろ、バンコク都内のタイ・スポーツ庁の宿泊施設で、サッカーのタイプレミアリーグの審判員のタイ人男性(44)が男にけん銃で腹などを3発撃たれ、重傷を負った。

タイのサッカーリーグに日本人監督newsclip

【タイ】タイのサッカー、ディビジョン1のクラブ、ナコンラチャシマ・マツダFCの監督に8月1日付でジェフユナイテッド市原・千葉元監督の神戸清雄氏(52)が就任した。指揮をとった最初の2試合は連勝で、幸...

特集



新着PR情報