RSS

タイ国鉄北部線、線路全面改修後初の列車が脱線 総裁も乗車

2013年12月3日(火) 04時32分(タイ時間)
【タイ】線路の全面改修を終えたばかりのタイ国鉄(SRT)北部線で、運行再開後の最初の列車が脱線した。

 事故を起こした列車には視察のためプラパットSRT総裁が乗車していた。1日夜、北部チェンマイに向け、バンコクを出発。2日午前9時50分ごろ、北部ラムプン駅近くで脱線した。けが人はなく、午前11時までに復旧した。脱線は線路の問題ではなく、駅員による分岐器の操作ミスが原因とみられている。

 SRTは北部線のシラアート駅(北部ウタラディット県)―チェンマイ駅(チェンマイ県)間(総延長263キロ)で脱線が頻発したことから、9月16日から11月末まで同区間を閉鎖し、全面的な改修工事を実施。12月1日に運行を再開したばかりだった。
《newsclip》

注目ニュース

タイ東北で列車脱線横転、11人けがnewsclip

【タイ】12日午前5時20分ごろ、バンコクからタイ東北部ノンカイに向かっていたタイ国鉄(SRT)の旅客列車が東北部ウドンタニ県内で脱線、1両が横転し、乗客のタイ人3人、ラオス人6人と運転士ら乗員2...

【タイ】17日午後9時半ごろ、タイ東北部ナコンラチャシマ県のタイ国鉄(SRT)ノーンスーン駅近くでSRTの貨物列車が脱線した。死者、けが人はなかった。

【タイ】9日午前8時20分ごろ、タイ南部パタルンからスンガイコーロクに向かっていたタイ国鉄の旅客列車(7両編成)が南部ソンクラー県ハジャイ駅近くで脱線した。けが人はなかった。事故区間は約2時間後に...

【タイ】7日午後6時50分ごろ、中部サラブリ県からバンコクに向かっていたタイ国鉄(SRT)の貨物列車(18両編成)がバンコク郊外のパトゥムタニ県で脱線した。死者、けが人はなかった。

特集



新着PR情報