RSS

住商など、ミャンマーで通信インフラ構築

2013年12月4日(水) 13時54分(タイ時間)
【ミャンマー】住友商事、日本電気(NEC)、NTTコミュニケーションズの3社は4日、ミャンマー政府から受注した通信インフラ構築事業で、設備据付工事とインターネット接続環境の改善を行い、ネットワーク利用が可能となったと発表した。

 2014年1月中旬まで運用支援などを行い、納入が完了する予定。

 日本の政府開発援助(ODA)17・1億円を活用した事業で、▽ヤンゴン、マンダレー、ネピドーの都市間を結ぶ伝送容量30Gbpsの高速・大容量な基幹光通信網▽各都市内でLTE通信、固定電話、インターネット通信を各10Gbpsで実現する市内光通信網――などを構築した。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】JFEエンジニアリングは2日、インフラ建設を行う合弁会社をミャンマー建設省と設立したと発表した。

【ベトナム】王子グループはミャンマーで段ボールの生産に乗り出す。

【ミャンマー】富士フイルムは28日、販売代理店への営業・技術支援を行う子会社「フジフイルムミャンマー」(資本金2000万円)をミャンマーに設立し、12月2日に営業を開始すると発表した。

スズキ、ミャンマー政府に警察用二輪車100台寄贈newsclip

【ミャンマー】スズキは25日、大型二輪車「V―ストローム650ABS(DL650A)」をベースとした警察用二輪車100台をミャンマー政府に寄贈した。ミャンマー政府や東南アジア諸国連合(ASEAN)の...

ミャンマー・ダウェイ経済特区 タイ企業の事業権破棄 両国政府が開発主体にnewsclip

【ミャンマー、タイ】ミャンマー政府は21日、バンコクで開いた記者会見で、タイのゼネコン(総合建設会社)最大手イタリアンタイ・ディベロップメント(ITD)に付与していたミャンマー南東部ダウェイ経済特...

【ミャンマー】帝国データバンクの調査でミャンマー進出が判明した日本企業は2013年10月末時点で156社で、2010年の52社、2012年の91社から急増した。主な進出企業はスズキ、富士ゼロックス...

特集



新着PR情報