RSS

中国:広東省中山の警備会社で500人スト、銀行の現金引出業務停止に

2013年12月7日(土) 16時23分(タイ時間)
【中国】広東省中山市の警備サービス会社で3日、福利厚生などの待遇に不満を抱いた現金輸送要員500人あまりが集団ストライキに入る騒ぎが起きた。

 職場放棄が伝えられたのは、中山市保安服務総公司傘下の押運分公司(現金輸送子会社)。輸送業務が滞るなか、市内の複数銀行支店で現金引出業務が一時停止に追い込まれる事態に発展したという。複数の中国メディアが6日付で伝えた。

 現金輸送要員の言い分によると、1カ月で26日間勤務しているにもかかわらず、毎月の手取額はわずか2000人民元あまりに抑えられている。報奨金や手当の制度も完備されていない。逆に5分遅刻しただけで罰金として給与から300人民元も差し引かれる。このほか食堂メニューの味、運搬車両の質などにも不満を募らせていたという。

 こうしたなか労使双方は、当局による仲介の下で歩み寄り。会社側は4日夜、先ごろ打ち出したコスト削減策を撤回したうえで、賃金の水準を月額510人民元ずつ引き上げることを了承した。集団ストに参加した現金輸送要員は、5日になって職場に戻った再開したという。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】広東省東莞市の樟木頭鎮樟洋村で、従業員約2000人が参加する大規模ストライキが起きている。職場放棄は13日で7日目に入った。

【中国】四川省瀘州市の農産物市場で、100店舗を超える販売店による集団ストライキが起きている。テナント料の高騰に抗議したもの。

【中国】江蘇省蘇州市の台湾資本・エレクトロニクス工場で今週に入り、労働者による大規模なストライキが起きている。参加者は2000人近くに上る。

【中国】卜蜂蓮花(CPロータス)が北京市内で展開するスーパーマーケット8店舗のすべてで、労使紛争による従業員ストライキが再発した。



新着PR情報