RSS

中国:海南省のリゾート地「三亜西島」で停電続く、復旧は来年春節

2013年12月7日(土) 16時23分(タイ時間)
【中国】海南省三亜湾に浮かぶリゾート島「三亜西島」で、11月下旬に発生した超大型台風「ハイエン」の影響を受けた停電が続いている。

 一部の地域で移動発電機が動いているものの、島全体の電力供給システムは停止したまま。ピーク時には1日2000人が訪れる南国リゾート島の経済に甚大な被害を与えている。復旧工事は来年の春節(2014年は1月31日)までかかる見通し。海南日報が4日付で伝えた。

 停電は、台風によって三亜市から西島へ電力を供給する海底ケーブルが切断されたことが原因。同市の送電会社によれば、復旧工事は海底ケーブル敷設業者以外は不可能で、現在工事を依頼中という。島では移動発電機で急場をしのいでいるものの、1日2時間しか送電されず、発電効率も低いため、照明などにしか使えない状態という。あるホテルの経営者は、「売り上げが3割以上ダウンした」と吐露。露天商なども冷蔵庫での保存が利かないため、売上が急減しているという。

 復旧の見通しについて市当局は、「海底ケーブル工事は複雑なため、業者の計画では来年の春節までかかる」としている。書き入れ時の春節大型連休への影響が懸念される状態だ。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【PR】タイ随一のラグジュアリービーチリゾート”ソネバキリ” クット島  H.I.Snewsclip

 カンボジア国境に近いクット島に2009年オープンした“ソネバキリ”。シックスセンスグループの最高級ブランドらしいホスピタリティとサービスでゲストを迎え入れてくれる。

世界中から観光客の訪れる、タイを代表するビーチリゾート『パタヤ』。ナイトライフがウリのイメージもあるが、豊富なアクティビティやマリンスポーツ、周辺のテーマパークも数多く、家族で週末を楽しむのにぴっ...

特集



新着PR情報