RSS

中国:大卒3年後の給与レベル、上海が全国最高の6.5万円に

2013年12月9日(月) 16時42分(タイ時間)
【中国】大学を2010年に卒業した社会人3年目層の給与水準を主要な国内18都市で調査した結果、上海市が月額ベースで最高の3869人民元(約6万4600円)に上っていたことが分かった。

 以下、深セン市の3579人民元、北京市の3476人民元、広州市の3460人民元、杭州市の3293人民元と続く。中国大学生の就職調査・コンサルティングを手がけるMyCOS(麦可思)が公表した。

 6位以下は成都市の3036人民元、寧波市の3024人民元、南京市の2976人民元、アモイ市の2921人民元、天津市の2895人民元など。これに蘇州市の2880人民元、武漢市の2808人民元、大連市の2752人民元、重慶市の2637人民元、西安市の2484人民元、瀋陽市の2456人民元、青島市の2432人民元、鄭州市の2306人民元が後に続いた。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】国有企業と私営企業の間で、給与水準の格差が改めてクローズアップされている。

【中国】中国本土A株市場に上場する銀行16行の中間業績が出そろうなか、同16行が6カ月間に支払った行員1人当たりの平均給与額で、最高の上海浦東発展銀行(600000/SH)は24万人民元(約387万円)に達していたこと...

【タイ】タイ統計局が2013年上半期にタイ全国の約2万6000世帯で実施した家計調査で、世帯当たりの平均所得は月2万5403バーツ(2011年2万3236バーツ)、平均支出は月1万9259バーツ(...

【タイ】タイ統計局が2012年に全国の公務員1万3252人を対象に実施した調査で、回答者の世帯あたりの月平均収入は4万9915バーツ(約15万円。2008年4万1139バーツ)だった。収入の83%...



新着PR情報