RSS

日本特殊陶業、ハノイに駐在員事務所

2013年12月11日(水) 04時14分(タイ時間)
【ベトナム】日本特殊陶業(名古屋市瑞穂区)は9日、ベトナムのハノイ市に駐在員事務所を開設したと発表した。顧客サービスの向上、販売強化が目的。

 同社はベトナムでの二輪・四輪車の増加にともなうスパークプラグ、酸素センサーの需要増加に対応するため、2012年にベトナムのホーチミン市に販売会社を設立した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】日本特殊陶業は7月31日、タイにスパークプラグの製造会社を設立し、2015年4月に生産を開始すると発表した。投資額は約30億円。同社のタイの生産拠点は3カ所目。

【ベトナム】日本特殊陶業(名古屋市瑞穂区)は8月31日、ベトナムのホーチミン市にスパークプラグ、酸素センサーの販売会社を設立したと発表した。新会社は「ベトナムNGKスパークプラグ」。資本金20万ド...

特集



新着PR情報