RSS

タイ人男性が首吊り死 増大望み性器にオリーブ油注入、炎症慢性化で絶望か

2013年12月11日(水) 04時19分(タイ時間)
【タイ】6日午前零時ごろ、タイ東北部ウドンタニ市の民家で、タイ人男性(20)が梁から吊るしたひもで首を吊り死亡しているのがみつかった。警察は自殺とみて詳しい状況を調べている。

 男性の父親(66)によると、男性は13歳の時に、性器の増大を望んで性器にオリーブ油の注射を受けた。以来、性器の慢性的な炎症に苦しみ、最近になり、医者から性交は不可能と告げられた。

 父親は「自殺するとは思わなかった。前夜に一緒にビールを飲んだ際に、痛みがひどいと言ったので、鎮痛剤を買ってくるよう言って、金を渡した」などと話した。タイ字紙カオソッドなどが報じた。
《newsclip》


新着PR情報