RSS

中国:鴨肉原料の「偽装羊肉」が火鍋店に流通=山東省徳州

2013年12月11日(水) 15時14分(タイ時間)
【中国】鴨肉を原料とする「偽装羊肉」が山東省徳州市の火鍋店に流通している実態が、地元テレビ局の取材によってこのほど明らかになった。当局側も近く調査を行うとの方針を示している。

 「偽装羊肉」は、徳州市の都市部と農村部の境界エリアにある民家で製造されていた。羊肉は高いことから、価格が安い鴨肉で代用。鴨肉を羊油に長時間付けることで羊特有の臭みを出していた。こうして出来上がった偽装肉を薄くスライスして冷凍。「羊肉」と表記されたラベルをパッケージに貼って、市内の火鍋店に出荷していた。しかもこれらの作業を行う場所は、トイレを改造した小部屋。羊油が直接地面に置かれているなど、衛生状態は極めて悪かった。

 火鍋店ではこれらの「偽装羊肉」を500グラム当たり十数人民元の低価格で仕入れ、その2倍以上の価格で顧客に提供していたという。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】チベット自治区拉薩市(ラサ市)の城関区で「食塩」と偽って工業用塩を売り捌いていた犯罪グループが摘発された。現場は城関区の吉崩崗小学校付近。小型貨物車に積み込まれた大粒の塩が石造りの簡易家屋...

【中国】中国の高級白酒(コーリャンを原料とした蒸留酒)の中に、製造年月日を偽って販売されている商品が存在していると4日付の中国新聞網が伝えた。

【中国、タイ】タイ大手財閥のCPグループが経営するスーパーマーケット「卜蜂蓮花超市(CPロータス)」の上海市内店舗で、偽装羊肉が販売されていた事実が分かった。

特集



新着PR情報