RSS

アサヒ、マレーシアで缶コーヒー発売

2013年12月12日(木) 02時34分(タイ時間)
アサヒ、マレーシアで缶コーヒー発売の画像
アサヒ、マレーシアで缶コーヒー発売
写真提供、アサヒグループホールディングス
【マレーシア】アサヒグループホールディングスは10日、アサヒ飲料の「WONDA(ワンダ)」ブランドの缶コーヒーをマレーシアで発売すると発表した。「WANDA」ブランドの海外での本格展開は初めて。

 販売するのはアラビカ豆を50%以上使用したブレンドタイプの「WONDAオリジナル」、ミルクとフレンチバニラの香りが効いたラテタイプの「WONDAラテ」、アラビカ豆を50%以上使用し、カカオパウダーを使ったチョコレートフレーバータイプの「WONDAモカ」の3種類で、いずれも240ミリリットル缶。日本の「WONDA」同様、品質の高さと「焼きたて」「挽(ひ)きたて」「淹(い)れたて」の香りにこだわりながら、現地のし好に合わせて開発した。

 ターゲットは20代後半から30代前半の男性で、コンビニエンスストア、ガソリンスタンド併設の売店などで販売する。12月中旬からテレビCMを放映するほか、サンプリングイベントなどを実施し、販促を図る。
《newsclip》

注目ニュース

スタバに訴えられたバンコクのコーヒー屋台、店名・ロゴを変更newsclip

【タイ】米コーヒーチェーン、スターバックスはバンコク都内のコーヒー屋台に対する商標権侵害の訴えを、屋台側が店名とロゴの変更に応じたため、11月に入り、取り下げた。

味の素、缶コーヒーのタイ第2工場稼働newsclip

【タイ】味の素は16日、タイの連結子会社、タイ味の素販売が14億700万バーツ(約45億円)を投じタイ中部サラブリ県ノンケ―工業団地に建設した缶コーヒー「バーディ」のタイ第2工場が7月から本格稼働し...

【タイ】キャセイパシフィック航空のスチュワーデスがインターネットの交流サイト(SNS)「フェイスブック」に、乗客のタクシン元首相の次女ペートーンターンさんの「顔にホットコーヒーをかけてやりたい」な...

特集



新着PR情報