RSS

中国:13年新車販売は2000万台突破確実、1~11月で1986万台

2013年12月12日(木) 15時22分(タイ時間)
【中国】中国の新車販売台数は今年、2000万台の大台を初めて突破する見通しだ。

 全国乗用車聯席会の崔東樹・副秘書長によると、大気汚染の深刻化、北方エリアでの自動車購入規制開始――などを受け、12月に予定を繰り上げて購入する消費者が増えると予想される。中国汽車工業協会の統計では、直近3年間の新車販売は10年が1806万台、11年が1851万台、12年が1931万台で推移している。複数の本土メディアが10日付で伝えた。

 中国汽車工業協会のまとめによると、1~11月ですでに前年同期比13.5%増の1986万台に達しており、通年の2000万台到達は確実。ただ、ディーラー側は今年の販売堅調を手放しで喜べないようだ。ある日系ブランドディーラーは「今年の販売成長は、新車の大量投入と大幅な値引きを前提としていた。購入抑制策の影響で駆け込み需要が増えたことも一因。メーカー各社が来年の販売目標を高くしすぎれば、市場競争は一段と過酷になるだろう」と憂慮を示した。

 中国の2012年の新車販売は、東日本大震災などで低迷した前年の2.5%増から伸びがやや加速し、初めて1900万台を突破した。4年連続で世界トップとなっている。ただ、足元で伸びが減速するなか、生産過剰や中国国内ブランドの競争力不足といった問題が顕在化。業界内では、政府の支援・介入を求める声が根強い。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】トヨタ自動車がまとめたタイの全自動車メーカーのタイ国内新車販売台数は10月が前年同月比37.7%減の8万8989台、1―10月が前年同期比1.8%減の112万3268台だった。月間新車販売が前年実績を下回るのは6カ...

【ベトナム】米調査会社JDパワーがベトナムで新車を購入した際の販売店の対応に関する顧客満足度を分析した「2013年ベトナム自動車セールス満足度(SSI)調査」で、韓国の現代自動車が1000点満点中...



新着PR情報