RSS

フィリピン移民局、不法滞在容疑で中国籍78人を拘束

2013年12月13日(金) 19時07分(タイ時間)
【中国】フィリピン移民局は11日、マニラ市内の中国人街にある商業施設を抜き打ちで捜査し、不法滞在の疑いで中国人78人を拘束した。

 中国外務部の洪磊報道官は12日、「在フィリピン大使館が状況を速やかに確認した上で、フィリピン側に適切な対応を求めている」と表明。これに対しフィリピン側は、「今回の捜査はすべての不法滞在外国人が対象。中国人のみに特定したわけではない。その他の国の不法滞在者も拘束されている」と説明した。

 フィリピンメディアの報道によると、抜き打ち捜査は午後2時(現地時間)に開始。銃を持った武装警察隊に警護されながら、移民局職員が商業施設3カ所で外国人に居留証の提示を求めた。その場で所持していなかった人達を移民局まで連行したという。

 今回の捜査について、フィリピン移民局の報道官は「数カ月間かけて資料を収集した上で実施した」と強調。「メディアや市民からの通報で、多くの外国人がこのエリア一帯で違法販売を行っているとの情報を得ていた」と説明した。

 拘束された中国人78人のうち、3人は体調不良のため11日夜に釈放。パスポートの所有が確認された52人も12日午後7時までに釈放された。

 南シナ海スカボロー礁(中国名・黄岩島、ルソン島西180キロ)の領有権をめぐって、中国とフィリピンの関係は悪化している。同海域では昨年、1カ月にわたって、両国の艦隊がにらみあった経緯がある。中国はその際、海洋監視船「310号」「海監75」「海監81」を現場に派遣した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】中国で1億人民元(約15億9800万円)以上の純資産を保有している富裕層が4万人に達し、うち6割は投資移民制度を通じて海外に移民した、または移民を検討している――。招商銀行とベイン・キャピタルがこのほ...



新着PR情報