RSS

バンコク都庁の動く歩道計画、1年遅延

2013年12月15日(日) 15時44分(タイ時間)
【タイ】バンコク都庁によるバンコク高架電車BTSシーロム線タークシン橋駅の撤去と、タークシン橋駅と隣のスラサック駅を結ぶ動く歩道の着工が大きく遅れている。

 都庁は当初、全長711メートルの動く歩道を今年7月から1年かけ建設し、その後7カ月でタークシン橋駅を撤去する計画だった。しかし、スラサック駅近くでの歩道橋建設の影響で、動く歩道の建設とタークシン橋駅の撤去はそれぞれ約1年遅れる見通しとなった。

 BTSシーロム線はタークシン橋駅だけ単線で、列車のすれ違いのため待ち時間が生じている。都庁はタークシン橋のプラットフォームがある部分に線路を敷き複線化し、運行の円滑化を図る方針。
《newsclip》

特集



新着PR情報