RSS

新疆ウイグルで警察と武装グループ衝突、16人が死亡

2013年12月17日(火) 13時12分(タイ時間)
【中国】新疆ウイグル自治区のカシュガル地区薩依巴格郷で15日午後11時ごろ、地元警察が武装グループと衝突する事件が発生した。この衝突で警官2人が死亡し、暴徒14人が射殺されたという。同自治区のニュースサイト「天山網」が伝えた。

 疏附県公安局が犯罪容疑者を拘束しようとしたところ、武装グループから爆発物を投げ込まれ、なたを持った複数の暴徒が反撃してきたとされる。武装グループについての詳細な言及はない。ただ、現地ではウイグル族による分離・独立運動が過激化するなか、公安当局との衝突が多発している。

 同自治区では今年11月にも武装した9人が派出所を襲撃する事件が発生。双方の間で合計11人が死亡した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】新疆ウイグル自治区南部の喀什(カシュガル)地区で今月21日に、警察と武装組織の交戦で16人が死亡していたことがことほど分かった。

【中国】新疆ウイグル自治区の阿克蘇(アクス)地区で先週、警察との衝突で住民4人が射殺される事件が起きた。このほか少なくとも12人の負傷者が出ている(うち3人は重体)。複数の香港ディアが12日、外電情報と...

【中国】新疆ウイグル自治区西南部の阿克陶県(アクト県)内に7月31日午前2時ごろ、小型の隕石が落下した。ごみ収集所を直撃し、直径3メートル、深さ2メートルあまりの衝突痕が生じている。



新着PR情報