RSS

中国で美人ボディーガード人気、年収は510万円超

2013年12月17日(火) 13時12分(タイ時間)
【中国】中国の公安部が2010年2月に「一般・個人向けのボディーガード業」の営業を許可してから約3年10カ月が経過した。

 これの合法化後、養成所や派遣会社が「雨後のタケノコ」のように乱立しながら、同業界は急成長期を迎えている。華南エリアの人気夕刊紙『羊城晩報』は、退役軍人が2010年に広東省深セン市に開設したボディーガード専門会社「猪人国際安全顧問有限公司」を取材。ボディーガードの報酬や、そのクライアントなどを含めた同市場の実態を伝えた。

 同社に雇われるボディーガードは、ミッションが発生した際は月1万人民元超、ミッションがなければ月5000人民元が会社から支払われる。年間で38万人民元(約645万円)を稼ぐ高額所得者もいるという。

 クライアントから特に人気があるのは女性ボディーガード。供給が需要に追い付かない状況だ。同社では十数人の女性ボディーガードを雇用。うち2人は軍隊からの引き抜きで、残りは体育学校や武術学校の卒業生という。顔とスタイルの両方が良いボディーガードが好まれるのは当然だが、そうした人材は稀。同社では女性ボディーガードを選出する際は、車の運転技術や格闘技術などの技能を最優先する。それでも“美しければ美しいほど良い”に越したことはない。企業のあるオーナーは、「気品があり、端正な顔立ちで、身長が165~170センチあればクライアントの受けが良い」と解説した。

 女性ボディーガードの年収は30万人民元超(約510万円)。ミッション時は月1万3000人民元を稼ぐ。年齢は25歳程度が一般的で、会社との3年契約が必須。クライアントがその能力を認め、個人雇用を希望した際は、4年後から契約可能となる。女性ボディーガードの現役期間は6年程度が一般的という。

 同社は開業からこれまでに60社から依頼を受けた。クライアントの多くは海外で活躍する中国系富豪商人。近年は国内に住む富豪客の比率も増えつつある。有名スターからの依頼もあるが、「殺到するファンを押さえるといった力仕事が多く、一般の警備会社で事足りる」と企業オーナーにとっては面白みのない仕事に映っているようだ。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

タイの美女コン、プエルトリコ代表が優勝newsclip

【タイ】タイが主催する美人コンテスト「ミス・グランド・インターナショナル2013」の決勝が19日、バンコク郊外のイベント施設インパクトアリーナで開催され、プエルトリコ代表のヤネレー・チャパローさん...

タイのニューハーフ美人コンテスト、ブラジル人が優勝newsclip

【タイ】ニューハーフ美人コンテスト「ミス・インターナショナル・クイーン2013」の決勝が1日、タイ東部のビーチリゾート、パタヤ市のニューハーフショー劇場「ティファニー」で開催され、ブラジル人のマル...

【タイ】タイ人ニューハーフの美人コンテスト「ミス・ティファニー・ユニバース」の2009年大会で優勝したサラウィー・ナティーさん(24)が12日、タイ南部ソンクラー市の寺で出家式を行い、僧侶となった...

【中国】湖南省長沙市の公安局はこのほど、高級別荘でドラッグパーティーを開催していたとして、首謀者の男らやパーティー参加者を逮捕した。現場からケタミン9袋、「MDMA」1袋、大麻1袋などを押収している。



新着PR情報