RSS

中国:春節中のホテル料金に上限設定、不当な吊り上げ阻止=海南省

2014年1月8日(水) 15時51分(タイ時間)
【中国】春節(旧正月、2014年は1月31日)に伴う大型連休期間中、海南省政府は省内のホテルに対し、宿泊料や食事料金に上限を設定する。海南省物価局が明らかにした。

 屋台や旅行会社に対する価格管理も強化。春節特需に乗じた観光サービス価格の不当な吊り上げを阻止する構えだ。

 価格管理を強化するのは1月30日から2月5日までの7日間。ホテルの客室料金は1室1泊で最高5000人民元(約8万6000円)を上限に設定する。ホテルのバイキング料金についても、朝食で1人当たり350人民元、昼食・夕食で同500人民元の上限を設けた。

 沿道の屋台が提供する魚介類についても、価格管理の対象に組み込む。旅行会社や観光地、ダイビングショップなどに対しては、明確な価格表示を要求する。客を騙す不当表示があった場合は処罰を科す方針を確認した。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報