RSS

バンコクのマンションでフィンランド人男性転落死 同居のタイ人男性が手首にけが

2014年1月10日(金) 00時05分(タイ時間)
【タイ】9日午前2時ごろ、バンコク都内バンパラッド区のマンション「シティホーム・ラチャダー―ピンクラオ」の28階の部屋から住人のフィンランド人男性(44)が転落して5階の庭に落ち、全身を強く打ち死亡した。

 男性は全裸だった。警察が現場に到着した当時、死体のそばには、男性と同居していたタイ人男性(41)が手首の傷から出血し、倒れていた。タイ人男性は病院に搬送され、手当てを受けている。

 死亡したフィンランド人男性とけがをしたタイ人男性と同居していた別のフィンランド人男性(49)によると、この男性は死亡した男性とフィンランドで夫婦として暮らし、2008年に事件があったマンションを買い、タイに引っ越した。死亡した男性ががんになったため、けがをしたタイ人男性に同居してもらい、死亡した男性の面倒をみてもらっていたという。事件当日、酔って帰宅したタイ人男性を死亡したフィンランド人男性が責めたところ、タイ人男性が暴れて窓ガラスを割るなどし、手首にけがをした。フィンランド人男性は騒ぎの中、ベランダから飛び降りた。タイ人男性はエレベーターで後を追い、死体のそばで出血多量で倒れたという。

 警察はタイ人男性の回復を待ち、事情を聞く予定。タイ字紙カオソッドなどが報じた。
《newsclip》


新着PR情報